ブログ & Blog [むかつく税理士事務所 その7] by Something to accounting
FC2ブログ
外資系経理職歴10数年の女の就職&一人経理お仕事日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むかつく税理士事務所 その7
2006年03月27日 (月) | 編集 |
例の税理士事務所のスタッフB、年齢はいっているらしいが、去年税理士試験に全科目合格したらしい。ペーペーとか年齢とか関係ないから、私としてはとにかく
仕事をきちんとやってくれる人
にお願いしたい。

2005年の分の法定福利費(会社負担分の各保険料の率)を間違えられて、こちらから言ったのに、また今年の法定福利費の計算が間違っているんですよね(-_-;

つーか、この税理士事務所に給与計算を全部アウトソーシングしているんですが、給与計算自体はベテランの女性社員がやっていて、別に問題ないのですが、本社へ英文レポートに加えないといけないので、会社負担分の法定福利費(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)をだれがいくら~って感じで、一人一人の金額を計算してもらっていたんです。

で、うちの会社は毎年1月に昇給するので、健康保険と厚生年金保険はかわらない(固定)けど、雇用保険と労災保険は給与の額の○%だから1月から代わるはずです。例のごとく、給与計算はベテラン女性がやっているので、社員から控除する分は間違っていないけど、肝心の英語の法定福利費の計算シートが間違っている、給与額が去年のまんま。

なんかなあ、いいかげんにしろよって感じ。去年の分、間違えて私が再計算させられたんだから、またかよ。
はっきり言って、この人が作成したものって信用できない!
って思ってしまう。

むかついたので、言葉は丁寧だけど困りますってことを、Bにメールで送った。もちろん、うちの会社の社長、ばばあ税理士にccをつけて。そうしたら、申し訳ございません。今後は気をつけますって謝罪メールが来たけどね(-_-;
スポンサーサイト
テーマ:仕事の愚痴
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。